中国のコンセント、中国で使える電源タップ

海外旅行といえば、電源の変換プラグはどの形状を持っていけばいいんだっけ?また、ホテルで携帯、モバイルバッテリー、モバイルWiFi、デジタルカメラなど多くの電子機器を一度に充電する時にコンセントが足らず困ったことはないですか?

そんなときに電源タップ(テーブルタップ)を持っていくと便利なのですが、中国で使うには注意すべきことがあります。大連に行くにはどんな変換プラグを用意すれば良いか、また電源タップの選び方についてご紹介します。

電源プラグ(差込プラグ)の形状

電源プラグ(差込プラグ)の形状は基本Oタイプの3ピンです。頭突き&モンゴリアンチョップをイメージしていただくと覚えやすいかと。

差込プラグ(AC power plug)

電源コンセントの形状

大連のホテル、サービスアパートメント、マンションの電源コンセントはこのように日本の機器の電源プラグ(Aタイプ)もそのまま挿せるような形状が一般的です。中国は地域によって電源プラグの形状が異なるところもあり、その全てをサポートできるコンセントの形状となっています。

左から「大連日航飯店(ホテル・ニッコー大連)、丹東(北朝鮮国境の都市)のホテル「假日陽光酒店(サニーリゾートホテル)」、高鉄(中国の新幹線)の座席電源コンセントです。

そのまま挿せますので、このような電源の変換プラグの持参は不要です。

日本と中国の電圧の違い(中国は電圧220V)

中国では電圧220V、電源周波数は50Hzです。

海外対応していない100V専用の日本の電化製品をそのまま挿してはいけません。差し込んで電源をONにすると、機器が故障して使えなくなるか、利用アンペアが高い製品だと導線が溶けショートしパーンという音とともに火花を散らすか、内部のコンデンサなど電子部品が持たず最悪爆発します。

まず機器が海外対応してるかどうかを確かめましょう

例えばインクジェットプリンターですが、モバイルを想定した小型プリンターは電圧240Vまで対応していますが、持ち運びを想定していない家庭で設置して使うようなプリンターは100V専用です。

持っていく機器の裏面や商品説明ページやカタログ、説明書などで入力電圧(INPUT)をよく確認しましょう。入力電圧の表記が100V-240Vとなっていれば中国でそのまま利用できます

日本で使っている100Vの製品をどうしても持っていきたい場合は、利用アンペア(A)が小さいものであれば変圧器を使って利用できる場合があります。下記を参照ください。

利用できる電源タップ(テーブルタップ)

だいたいホテルで宿泊者が利用できるコンセントは1口のため、充電に口数が足らずに困ることが多いですね。ホテルだと部屋に準備されていたり客室係から借りることもできますが、宿泊先によっては言葉で困る場合もあると思います。ここでは自前で電源タップを準備する方法をご紹介します。

日本から持って行く場合

海外で使える電源タップを日本で購入することができます。

左から順に。いずれも変圧機能は付いていません。

現時点で一番左のカシムラのWM-6が最新の製品です。最新と言うことでUSBの口が付いているだけでなく、日本と海外の両方で使える仕様となっています。
大連への旅行に限っては変換プラグのことを気にしなくて良いので、この製品を推したいと思います。

改めて、この製品で特筆すべき点は2点あります。

  1. 国内・海外兼用であること
  2. コンセントの向き

今までは、海外で使える電源タップは国内では使えませんでした。日本で電源タップを流通・販売する際はPSE規格を取得することが必要となりますが、この製品はその規格の第三者認証を受けることで国内での利用も可能としています。さらに一般財団法人 電気安全環境研究所(JET)の認証ということで、より安全性の高さが期待できます。

次にコンセントの向きです。電源プラグに変圧トランスが内蔵され幅や長さがまちまちの電源プラグや充電器が増えたため、電源プラグ同士が干渉して挿せない場合がありました。この製品の場合は4口あり2口ずつ角度が異なることもあり、問題ありません。

購入はAmazonでなぜか扱っておらず、楽天から購入可能です。

現地で購入する場合

現地で購入する場合ですが、大連ではカルフールなどのスーパー、国美電器、IKEA(IKEAの自社製品のみ)などで購入できます。

電源タップは、中国語で「接线板(接線板)」[jiē xiàn bǎn]と言います。

お店に行けば一目瞭然なのですが日本人が見たことも聞いたことも無い様々な電気機器メーカーの製品が展示台一面に並んでおり、機能、価格帯も幅広く、その多くの中から選ぶかが難しいと思いますので、選択の参考として電源タップでメジャーなメーカーを以下に示します。

中国で一番出回っているのは「BULL/公牛」です。これがあれば、それを選択すれば大丈夫です。日本ではスマホメーカーと認識されている「Xiaomi/小米」も、中国では家電メーカーとして電源タップもデザイン的におしゃれな製品を出しています。また日本のパナソニックもあります。

価格の目安として「BULL/公牛」の4口で約40元ほどです。ほんと安いですね。

中国メーカーのもの。

  1. BULL/公牛
  2. Xiaomi/小米
  3. OPPLE/欧普照明
  4. DELIXI/德力西
  5. CHNT/正泰
  6. Deli/得力
  7. Midea/美的
  8. Fediao/飞雕
  9. legrand/罗格朗

欧州メーカーのもの。

  1. Philips/飞利浦
  2. SIEMENS/西门子
  3. Schneider Electric/施耐德

日本メーカーのもの。

  1. Panasonic/松下

BULL/公牛, Xiaomi/小米,Panasonic/松下

日本のPSE規格のようなものが、中国強制製品認証(CCC or 3C)[China Compulsory Certification]という制度です。電源タップは、強制認証対象品目の指定商品ですので、この認証無しで中国の国内での流通・販売は認められていません。製品、パッケージに以下のロゴ、「国家3C认证」の文言が記載されています。

また、購入したものを日本に持ち帰り、日本のコンセントに合う変換プラグ(Aタイプ)を使って日本で使う場合、CCC制度の定格では 250V, 10A の 2,500Wとなっていますが、CCCには厳密には国際的なIEC規格に準拠したGB規格と独自の業界規格(JB規格)があり、見分けがつかなくて気になる方は日本での利用は避けた方がベターと思います。

変圧器の利用

変圧器はスワロー電機、デバイスネットのものが有名です。

上の写真を例に取ると、240V x 0.05A = 12VA ですので、スワロー電機だと「Mouse series」、 デバイスネットだと「ゴーコン変圧器セット(RWG108)」が候補となります。

30分以上の長時間連続使用の場合は20%程度のマージンを見た定格容量、12VAの場合は15VA以上のものを選んでください。

なお定格容量が大きくなるほど、トランスの種類が変わることで重くなり、使える電子機器の種類が変わったり、価格も高くなります。購入検討時は定格容量だけでなく、利用できる対象機器、製品の重さも確認ください。

スポンサーリンク
rec-ad-336




rec-ad-336




フォローする